開業をお考えの方はもちろん、営業に不安のある方、社会保険労務士の業務内容を知りたい方は、是非、ご参加ください。勤務希望の方も、受講しやすい内容です。

社労士開業予備校の受講で、開業するための具体的な行動と、意味のある自信ができます。開業当初に必要な実務が分かります。「行動」こそ、開業成功への第一歩です。

チャンスは、自分の行動から

平成29年1月開講エッセンスコースは、受講申込みを締め切りました。

平成29年1月開講のエッセンスコースは、受講申込みできます。開催確定しています。
(連合会の修習制度が創設・開始されるまでは、カリキュラムの大幅な変更はありませんが、平成30年開催分から日程・スケジュール・申込み方法は変わりました。)

エッセンスコース

下記講座内容・カリキュラムは、平成30年1月からの開講コースです。
受講申込みの受付は、各開催初日の1週間前、単科受講は2週間前までです。
(各モデルプランをご参考ください。)

現在、各種割引制度の適用中です。

カリキュラム

平成30年 エッセンスコース

前半開催後半開催講座内容
事前
講習
平成29年
12月23日
(この日だけです)
受講申込者限定の事前講習
■年内にしておくべきこと
■事務指定講習の徹底活用法など
参加は、任意です。すでに開業されている方・ベテランの方にとっての有益な情報はありません。時間:午後1時半~5時
平成30年
1/13(土)
平成30年
3/18(
顧客開拓・顧客獲得
人脈作りの基礎
●社労士開業予備校だけの実践的かつ具体的な内容です。
「誰にでも」再現性の高い営業方法を講義します。もちろん、マーケティングの視点からの内容です。
●税理士の先生との知り合い方、ホームページの作り方、講師を依頼される方法など、開業本には掲載されていない
「まずは、どうしたら」を講義しています。
1/14(3/26(土)電子申請の基礎の基礎
●電子申請の入り口を簡潔に講義。事務の省力化につながる一括申請もシミュレート。
会計・税務、事務所運営、料金設定
社会保険労務士会の研修でやったとはほとんど聞きません。
事務指定講習では、やりません。
●料金設定は「そうか」です。個別に料金設定の仕方が
分かります。顧客に迷惑を掛けない税務処理とは?事務所のマイナンバー関連・安全管理措置も含みます。
1/20(土)3/ 4(就業規則の作成実務
(各種労使協定、各種書式の運用法を含む)
●ポイントを講義、実際に就業規則を見ながら。不利益変更、運用テクニック、法改正対応などの必須情報も満載。労務管理のヒントも習得できます。
大人気のあの女性社会保険労務士、労基署で相談員をやっていた先生が講師として登場。リアルな「失敗している」就業規則の話も聞けるかも。
1/21(3/ 3(土)労働基準監督署是正勧告の対応
●「不払い残業」「名ばかり管理職」は、どのように是正勧告・指導を受けるのか、良い報告とは。監督のチェックポイント。
カンタン人事評価制度
●運用しやすい小規模・零細企業向け人事評価制度の作成法、運用を講義。大阪社労士事務所が開発したオリジナル評価制度です。
人事労務コンサルのテーマ
●障害年金の申請実務
●有期雇用・無期転換の実務
人材募集・採用コンサルなど「お客様(受講者)にとって興味のある魅力的なテーマ」をもとに、テーマ選択・講義レジュメを作成中。(上記以外のテーマを講義することがあります)
2/ 3(土)2/25(給与計算実務
社会保険労務士会の研修では、ほとんどやりません。
事務指定講習では、やりません。
●給与計算のポイントを解説。受託の是非は別として知識は絶対に必要なのが、給与計算事務。
労働関係許認可申請
社会保険労務士会の研修では、ほとんどやりません。
事務指定講習では、やりません。
●「根拠は、そうだったのか」と目からウロコ状態です。
社会保険労務士ができる許認可実務を実例で紹介。
助成金の申請実務
事務指定講習では、やりません。
●営業ツールとして利用しやすい助成金の申請実務を実際に申請した書類コピーで講義。
●「助成金/活用のポイント」小冊子で、理解が早い。
2/ 4(2/24(土)社会保険・労働保険の新規加入から保険請求まで
(ポイントと注意すべきこと)
●開業者には当たり前でも、事務指定講習や市販のテキストには、書いていないこと・書けないことも多いのです。マイナンバーは、ここで。
2/10(土)人事労務指導研究
●社労士開業予備校だけの実践的内容です。
●どのように指導するのがベストorベターなのか、法律・経営・倫理の面から研究。
営業研究(ロールプレイング等含む)
●社労士開業予備校だけの実践的内容です。
◎7日目は、アウトプットです。顧客対応・営業等、不安がある場合は、受講する価値があります。

※講義時間は、7日目を除き各日とも午前10時30分から午後5時30分(途中1時間休憩有り、延長することがあります。7日目は午後1時から午後5時までの4時間。
なお、重複の受講にならない限り、事後の振替受講が可能です。振替受講は、追加費用等は発生しませんが、2回以内とします。後半講義は、講師の都合によってはビデオ講義になります。その際の質問等は、サポーターが対応します。

※講義内容および日程は、よりよい講座にするため、変更する場合があります。
講義時に、オリジナルレジュメ・資料・チラシ等を配布します。一部の講義では、市販の書籍・小冊子を使用することがあります。市販の書籍・小冊子を使用することによる追加費用等は発生しません。

講師の紹介もご覧いただけます。

満席になり次第、締め切ります。締め切りは、各開講日によって異なります。モデルプランをご参照ください。
モデルプランエッセンスコース受講申込書をご覧いただくと、すぐにご理解いただけます。)

募集対象者(社会保険労務士資格必須)

[check]社会保険労務士試験合格者で、近いうちに開業する見込みの方。どのようにして、顧客開拓してよいのか分からない方。

[check]社会保険労務士として開業したが、何かヒントが欲しい方。なかなか顧客を獲得できない方。

[check]勤務社会保険労務士で登録しており、開業準備を考えている方。もう一つ、開業に踏み切れない方。

[check]社会保険労務士試験合格者で、営業の未経験者。営業の経験者でなくとも、実践できます。

[check]社会保険労務士としての、最低限のノウハウを身につけたい方

[check]社会保険労務士が何をするのか、知りたい方

※当コースでは、社会保険労務士会の研修では学べない内容メインに講義しています。
なお、いわゆる3号業務については1コマだけの講義「カンタン人事評価制度~」を予定しています。
勘違いされる方が多いのですが、社会保険労務士法の建前上「就業規則」「助成金」は、1号2号業務の一つです。
(就業規則:労基署への提出義務書類・事業場内備え付け書類、助成金:関係官公署への申請書類)


募集要項

  • 受講申込者

※受講者申込み情報は、このホームページにてお知らせします。
予約者は、受講申込書を先にいただいており、入金または入金確認がまだの方であり、座席の確保はしておりません。そのため、お振り込みされた時点で、満席の場合は受講をお断りするか、曜日の変更をお願いすることがございます。なお、開講確定しています。

  • 受講料
    受講料
    講義6日+1日/1~7110,000円
    講義6日のみ/1~6100,000円
    開業コンサル特化/1~488,000円
    勤務希望者向け/3~688,000円
    単科受講/各日ごと28,000円/日
    (各種割引は、条件等をご確認ください)

平成28年度以前の合格者

受講料遠距離割引
講義6日+1日/1~7110,000円適用 可
講義6日のみ/1~6100,000円適用 可

※9月30日までのお申込み:1万円オフ
※11月5日までのお申込み:5千円オフ
社労士資格活用講座への参加をおすすめします。良いこと、あるかも。
 
平成29年度の合格者

受講料遠距離割引
講義6日+1日/1~7110,000円適用 可
講義6日のみ/1~6100,000円適用 可

※11月20日までのお申込み:1万円オフ
※12月10日までのお申込み:5千円オフ

(過去に顧客開拓・運営実務コースを受講済みの方は、15,000円引き(消費税込み)で計算してください)

  • 早期割引【早割】:(上表参照)
  • 遠距離割引:詳しくは、遠距離割引

※レジュメ・資料・テキスト代等を含みます。

講座のお申込み方法

受講申込みの受付は、各開催初日の1週間前、単科受講は2週間前までです。
受講初日のご希望により、締切日は異なります。

満席情報は、このホームページでお知らせしていますので、電話問い合わせはお断りします。

  • 開講場所
    アワザ・ビジネス・カンファレンス(貸会議室ABC、大阪社労士事務所の隣り)
     
  • 申込方法
    下記口座へ受講料をお振り込み下さい。
    • 池田泉州銀行
      (いけだせんしゅうぎんこう)
    • 大阪西支店
      (おおさかにししてん)
    • 普通預金口座
      口座番号 6682
    • 口座名義
      株式会社戦略人事研究所 代表取締役 桑野真浩
      (かぶしきがいしゃせんりゃくじんじけんきゅうしょ だいひょうとりしまりやく くわのまさひろ)

お振り込み後すぐに、エッセンスコース受講申込書(←クリックできます)からお申し込み下さい。
(お振り込みの後に、受講申込書をお送りください。)

受講申込書からお申込みできない場合は、メール(kuwano@mbox.inet-osaka.or.jp)またはFAX06−6537−6026で、下記事項をご記入のうえお申し込み下さい。

記入事項
●受講コース名:エッセンスコース
1)
2)
3)
4)
5)
6)
7)
●氏名:
●連絡先電話番号:
●メールアドレス:
●郵便番号:
●ご住所:
●年齢:
●合格年度:平成 年度
●勤務先または現在の職業等:
●ご利用された割引制度:なし
●お振り込みいただいた受講料の金額:110,000円
●受講料の振込日:平成 年 月 日

入金を確認次第、金融機関営業日48時間以内にメール返信します。

受講証の発送時期は、入金を確認次第3日以内に発送します。
ただし、12月10日までのお申込み者に対しては、12月中旬(15日前後頃)に一斉に受講証等を発送する予定です。
入金をもって、正式な講座申込とさせていただきます。

エッセンスコース、講義内容のポイント

1.実践的かつ実務的
実際に使用した書類などを守秘義務に触れない範囲で公開。
対顧客との書面の重要性もお分かりいただけます。助成金スペシャリストとして活躍できる?!改善計画などの認可実例もご紹介します。また、最新の人事労務で、売上に直結する情報をご提供します。提供できる書式は、毎年増えています。

2.「どうすれば顧客を獲得することができるのか」を本音でレクチャー
バブル前の話、10年前の話ではなく、今どのようにすれば顧客を獲得出来るのかをお話しします。
もちろん精神論でなくもっと具体的かつ再現性が高いものです。「できる人のための営業方法」ではなく、「普通の人ができる顧客獲得方法」を講義しています。人脈の作り方も、アドバイス。飛び込み営業はもちろん、紹介営業の実際も!営業経験の無い人はもちろん、営業方法の確認のためにも最適です。
人事や総務などの管理部門経験者だけでなく、いわゆる「営業経験者」も多数受講しています。
平成27年の開講分から、営業・顧客開拓の講師が若手にチェンジ!「今」の方法を聞くことができます。

インプット(講義)だけでなく、アウトプット(課題、宿題、営業ロープレなど)も充実しています。

3.営業ツール、料金設定まで公開
料金設定については、先輩方は口の重いところ。
本コースでは、料金設定や日頃実際に使用している営業ツール、チラシ類の現物を配布。料金設定については、本当のホンネをご紹介、考え方も講義しています。営業ツールやチラシの配布、料金設定・料金表の作成と考え方まで公開するのは、このセミナーだけ。実は理論面でもマーケティングを考えています。

4.料金の設定(他の社労士開業塾と比較してください!)
内容が違うので比較できませんが、単純に受講料だけでも、あるいは時間単価で換算すると、他の社労士開業塾と比べ低廉です。
もちろん、価格面だけでなく、中身の濃さは過去の実績で分かっていただけると思います。

当コースは、「6日間+1日」(フルの場合)と謳っていますが、実際は「開講初日午前10時から最終日の交流会終了まで」の期間、楽しめることは、「受講生の声」を読んでいただければ、分かると思います。

5.講師は、社労士開業予備校の企画・主催者と実務畑の若手社労士
まさに今、顧客開拓を行い、業務を実際に自分たちの手で遂行している若手・中堅の社会保険労務士(講師の紹介を参照ください)が講師なので、分かり易さ・納得しやすさが全く違います。
平成30年も講師陣6名+アドバイザー数名を予定、現役開業社会保険労務士の話を聞くことができます。

6.顧客開拓・運営実務コースの修了者が申し込む意味
2日間コースを受講された方々が、次の段階としてエッセンスコースを申込み、受講されます。これだけで、社労士開業予備校講座の価値を分かっていただけるのではないでしょうか。受講して悪い内容であれば、誰も次、2回目を申し込むはずがありません。
しかも、他の社労士開業塾・開業セミナーを受講された方も、申し込んでいるのです。

7.受講後の特典
受講料をお支払い頂いた、即ち私たち社労士開業予備校を信頼・信用していただいたと思いますので、精一杯対応します。社会保険労務士業務においても、然りです。

  • 質問・疑問は、期限無くお答えします。
    もちろん、常識の範囲で「無料」!開業直後は、なかなか業務依頼がないため、実際に悩み出すのは開業して1年を過ぎた頃からです。
    (アフターフォローのため、SR-CLUB:勉強会&ML【登録料・月会費等なし】への登録が条件です。)
  • 同行営業・同行説明が可能(交通費実費はご負担ください)
  • アワザ・ビジネス・カンファレンス(貸し会議室)の無料使用可能
  • 顧客応接での大阪社労士事務所ミーティングテーブル使用無料
  • 助成金パンフ割引購入
  • 各種勉強会・セミナーのご紹介
  • 事務所訪問(大阪社労士事務所だけでなく、各講師の事務所へも)
  • 見込み客の紹介
    (業務の受託を確約するものでなく、紹介も地域性・能力・相手方の要望などにより必ずしも紹介させていただけるものでもありません)

受講された方の実績・現状

開業して12か月で年商800万円、24か月で年商1000万円以上の開業者・売上者が続出しています。
前職は、営業職だけでなく、人事・総務・企画・経理・電算関係など多岐にわたっています。

一部上場企業の顧問を獲得した方も複数、いらっしゃいます。

大阪府で業種に特化した○○先生、退職金コンサルの○○先生、兵庫県で大々的にやっている○○先生、京都府の濃いキャラの○○先生、単会の副会長・支部の支部長をする先生など、社労士開業予備校を修了した開業社会保険労務士は、すぐ近くにいます。

※受講生の分布は?(全コース対象・受講時)
近畿圏(大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県・滋賀県)だけでなく、中国(岡山県・広島県・島根県・山口県)、四国(香川県・徳島県・愛媛県)、東海(三重県・愛知県・岐阜県・静岡県)、関東首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・新潟県)、北陸(福井県・石川県・富山県)、九州・福岡県・長崎県

上記の実績売上は、換算です。
年商(原則、顧問契約料×12月分:年収手取りではありません)で算出しています。
(過去の通常コース・エッセンスコースの受講者から聞き取り)



お願い

  • 振込手数料は、受講者の方でご負担下さい。
  • 金融機関のお振込み済み証をもって、弊社の受講料の領収証に替えさせていただきます。領収書が必要な場合は、受講申込み時にその旨ご記入ください。ただし、各種割引制度は一切ご利用いただけません。なお、税務処理であれば、金融機関のお振込み済み証で十分通用します。
  • 一度お振り込みいただいた受講料は、死亡またはそれに類似する理由以外では、お返しできません。なお、次回以降1年以内に開講される社労士開業予備校講座の受講料に充当することは可能です。
  • 締切日の当日にお申し込みされる場合は、事前に、受講申込書をお送り下さい。受講申込書が締め切り日を過ぎても当方に届かなかった場合は、受講の手続きができないことがあります。また、振込の入金が開講日直前の水曜日時点で確認できなかった場合、いったん受講料を現金で納めていただく場合があります。
  • 受講料については、お安くさせていただいております。冠婚葬祭、入院移送を要する程度の私傷病等以外の、正当な事由無く欠席することは、ご遠慮いただきますようお願いします。
  • 受講料振込前にお申込み予約のメールをいただきますが、有効期間はメール送信日を含め1週間程度とさせていただきます。
  • エッセンスコースの内容についてのご質問は、このページおよび「社労士開業予備校よくある質問」をご確認のうえ、お願いします。
  • 講座についてのご質問やご相談は、「お問い合せ」から送っていただくようお願いします。当サイトに記載されていることが全てです。お電話を頂きましてもご連絡等しませんので、予めご了解ください。
  • 書式データ・チラシデータの配布は、クラウドストレージ経由を含め、廃止しました。書式データは、連合会はじめ多くのサイトから無料ダウンロードできます。強い希望をいただいた場合は、古くて内容等修正していない書式等データを別途配布します。
  • エッセンスコースのチラシは、こちらから。(平成28年エッセンスコースのチラシ。内容は、このホームページの記載が優先します。) 
    チラシ




2017-01-11 (水) 08:41:46更新
a:24853 t:2 y:3