社労士の資格で転職

現在大学生ですが、社会保険労務士の資格があれば、就職活動に有利ですか?

回答)
それは、相手側企業が就職活動をされる学生さんに何を求めるかで変わってきます。
社会保険労務士試験を目指し勉強していること自体は評価されるでしょうが、社会保険労務士の資格自体はあまり重要視されていないようです。

就職活動で有利な資格は、日商簿記や英検の方がむしろ評価は高く、企業内においても利用価値は高いでしょう。
資格手当の有無で、その企業の資格全般に対する考え方を知ることもできますので、事前に確認してはいかがでしょうか。

現在無職です。総務人事の仕事に就職するには、社会保険労務士は有利でしょうか?

回答)
過去に総務人事の経験はありますか?
年齢は、おいくつですか?
社会保険労務士の資格が評価される場合もありますが、転職市場においては、企業は意味合いとして即戦力を求めています。
単に資格を取得しただけでなく、それ以外の何かがないと、逆に社会保険労務士の資格はネックとなりかねません。
なぜ総務人事の仕事を目指すのか、再考する必要があるかもしれません。

社会保険労務士の資格を活用したいのか、総務人事の部門に就きたいのか、どちらでしょうか。
それによって、変わってきます。

社会保険労務士事務所に転職したいのですが?

回答)
まずは、新聞や就職情報誌、職安などで丹念に求人を探すところから始めてください。
次に、社会保険労務士会へ行き、求人情報がないかどうか尋ねてみてください。
都道府県によれば、会報に求職情報として掲載してもらえる場合があります。
それでもダメであれば、コネを使うしか方法がないようです。
電話帳を見て求人をしているかどうか電話をするのは、社会保険労務士先生の迷惑となりますので、おすすめできません。

なぜ社会保険労務士事務所への転職なのかですが、開業を目的にするなら、税理士事務所への転職の方が早いと思います。
資格の得喪だけでなく、帳簿・決算書など経営全般にタッチできるので、税理士事務所も転職の対象に入れられてはどうですか。

社会保険労務士事務所では、男性は採用しないと言われましたが本当ですか?

回答)
残念ながら、本当かもしれません。
知り合いの何名もが、社労士事務所でそのようなことを言われたのを、耳にしています。
開業を目指す、社会保険労務士の資格を持った者は、将来明確にその社会保険労務士の競争相手になる可能性があります。
と言う、おかしな理由により採用しないとされています。

しかし、最近では社会保険労務士法人を中心に採用意欲の高いところも増えてきています。
本当の理由は、別にあるのかもしれませんが、多くの社会保険労務士が連合会の事務指定講習を経て生まれるところを見ると、実務の重要性は疑問に思える場合もあります。

ですので、「なぜ社会保険労務士事務所へ転職」なのか、それを明確にしないといつまで経っても「求職中」になってしまいます。

社会保険労務士事務所の待遇は、どんなもんなんでしょうか?

回答)
それぞれの事務所・地域によって違いますが、初任給はおおよそ11万円から20万円程度のようです。
求人票やホームページの求人欄、新聞の求人広告で確認しましたので、実際とは違っているかも知れません。

社会保険に加入しているところもあれば無いところもありますが、労働保険については概ね加入手続きをとっているようです。
社会保険労務士先生の考えにより、賞与や退職金を含めた待遇は大きく変わります。
また、完全週休2日制でないところもあります。

待遇面については、あまり期待はできないと言われています。
逆に、開業までの実務習得(事務手続、事務所運営の実務)が目的であれば、待遇面を気にする必要が無いと思います。

社会保険労務士の資格を取りましたが、人事部門で採用されません。必要とされていないのでしょうか?

回答)
企業の人事総務担当者が全て社会保険労務士の有資格者であれば、労働問題は起きないでしょう。
企業のそういう部門では、むしろ社会保険労務士の有資格者より、実務経験重視、会社の意向に沿う人物が必要なのです。
また、いたとしてもいわゆる「ペーパー社労士」であれば、あなたの気持ちを理解することはできないでしょう。
もっと大きな気持ちで、就職は行う方が良いと思います。

「転職に有利」と言われて、受験機関に講座の申込みをしましたが、合格しないでも人事部門に転職できますか?

回答)
何度も申し上げますが、社会保険労務士の資格の有無は、お尋ねの場合、ほとんど関係ないと言っても過言ではありません。
試験の合格不合格に関係なく、求人を行っている企業に履歴書を送付されてはいかがでしょうか。
社会保険労務士の試験を受ける、合格するぞという前向きな気持ちの方が重要です。

管理部門では、社会保険労務士や税理士の資格を持っていなくとも、自社の手続きはできるのです。

社会保険労務士事務所の求人がありませんが、関係する仕事に就きたいです。

回答)
繰り返しになりますが、社会保険労務士事務所の求人は少ないです。
より現実的に「転職」を前提に考えるのであれば、税理士事務所・会計事務所や経営コンサルティング会社の方が求人も多く、転職しやすい、つまり就職できる可能性が高いと思います。
とくに最近は、コンプライアンスや年金制度の複雑化のおかげで、社会保険労務士の知識の有用性が認められてきましたので、社会保険労務士事務所一辺倒ではない転職先の選び方も必要だと思います。

日本銀行の管理部門でも、社会保険労務士の方が転職され、月刊社会保険労務士に記事が掲載されました。
大阪の開業社会保険労務士の先生だったのですよ。

人材紹介会社に登録しましたが、社会保険労務士ではなかなか採用されないようなことを採用されないようなことを言われました。どうしたらいいんでしょうか?

回答)
社会保険労務士はあくまで資格ですので、企業内で何がしたいかだと思います。
もう一度、何をしたいのか思い起こしていただいて、それを人材紹介会社の担当さんに伝えてはいかがでしょうか。

あなたの過去の職歴やスキル、人材紹介会社の得意分野によっても、紹介できる企業は左右されますので、管理部門に強い別の人材紹介会社に登録されるのも、方法だと思います。

社会保険労務士の資格は、企業内では評価されるのでしょうか。

回答)
会社によって違います、当たり前ですが。
大手企業なら資格手当がありますが、中小零細企業で資格手当を望むのは厳しいです。
就業規則や人事制度の設計ができれば、多くの企業で評価されます。
単なる事実の手続きだけでは評価されなくて当然です。

資格手当がない場合でも、社会保険労務士資格があることを給与や職制・役職に反映されれば、評価されていると言えると思います。

≫社会保険労務士の資格を最大限活かすなら、開業



2009-07-28 (火) 13:07:53更新
a:11264 t:4 y:7