「引退した後のこと、考えています?」

【社労士開業予備校では、その時々にあったことをリアルにブログ記事にしています。】

このゴールデンウィークの間に、ある開業の先生と呑む機会がありました。近況報告やら、雑談やら、ブログ記事にできない内容です。まあ、酔っ払っていたということもあり、それほど記憶していないのですが…。

その先生から質問されました。
「引退した後のこと、考えてます?」
(資産運用でもすすめられる? それは、某神社系社労士か!)
「引退した先生やら、会社を定年退職した人たち、どうやって過ごしてるんだろうかって。」

伺うと、その先生曰く

  • 趣味らしい趣味がない
  • 身体が丈夫じゃないので、引退した後に遊べるのかな
  • 仕事をしないと時間を持て余しそうで、間が持つかどうか
    • 健康寿命を気にしている模様
  • お金のことを考えると、年金が少ないし、結局死ぬ寸前まで開業を続ける?

40歳前から開業しており、私桑野よりも数歳か年下の方。。。。。

社労士開業予備校・「引退した後のこと、考えています?」

「何歳で引退するとか、決めてます?」
「○○歳までは続けようと思いますが。逆に言うと、それまで顧問先を増やさないとイケないですね。」
「それって早くないですか? ◯◯歳くらいまでは皆さん普通に頑張ってますよね。」
「でも、知り合いの先生は会社を60歳で定年後、65歳の時点で顧問先を徐々に譲っていると伺ったこともありますよ。」
(と、誰が誰に向けて話しているのか、分かりませんが)

まあ、引退のことを考える前に、生きること、健康で身体を維持すること(向上は難しい)、売上げを確保することは、共通した意見でした。

●健康診断の類いは、年に1回くらいは受診する
●お酒は飲み過ぎない、揚げ物を食べ過ぎない、塩分はほどほどに
●できるだけ外に出る
●新しい知識を得る機会を作る

はい、自分自身への注意事項です。
「オトナの病気」に罹らないようにしましょう。


注:書いていないことがありますが、気が付きました?


合同事務所・共同事務所

令和4年に開業をお考えの方、合同事務所・共同事務所についてお気軽にご相談ください。テレワーク完全対応の格安プランも提供中。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。残席ですが、専用デスクはお早めのお申し込みが良い状況です。共用デスクは、まだまだ大丈夫です。

社労士開業予備校

社労士資格活用講座は、令和4年8月から開講予定。

顧客開拓・運営実務コース」は、6月の開講です。

SR-CLUB勉強会

社会保険労務士と、人事労務にご興味を持つ士業の勉強会です。遠隔地の方も、ZOOMでオンライン参加できます。
次回は、6月11日「兼業・副業社会保険労務士の体験談」です。

a:67 t:1 y:0