「なぜ、年配の先生が社労士法人を設立する?」

【社労士開業予備校では、突っ込んではいけないところを突っ込みます。】

ある社会保険労務士から、次のような質問をいただきました。
「最近、SR-CLUB勉強会の中でも、社労士法人を立ち上げる方が多いんですが、アレはなんなんでしょうか?」

※内容的に「社労士法人」について知りたい方もいるかと思って、社労士資格活用講座カテゴリの方に分類しています。

一般的な回答としては、
年商が増えて、所得税を支払うのがイヤになってきた。
社会保険(厚生年金保険、健康保険)に加入したくなった。
規模の拡大を考えると、必然的に法人を選択するのが自然。
こんなところでしょうか。

「税理士や弁護士の傘下の社労士法人」「2代目、3代目に継ぐための社労士法人」は、今回は意味合いが違うので、横に置いておきます。
(これらは、分かりますよね。と言うか、質問の趣旨とは違うのでパス。前者はM田さん、後者はK多さんがイメージしやすいかと。)

ゴーイングコンサーンではなく、自分勝手と言っても良い理由で、社労士法人を設立するんです。

実際に社労士法人をお持ちの方は、以下見ないように。

社労士開業予備校:「なぜ、年配の先生が社労士法人を設立するんですか?」

もう一度書きます。
実際に社労士法人をお持ちの方は、以下見ないように。
(しばらく改行します。)













いやホンマに、実際に社労士法人をお持ちの方は、以下スクロール禁止です。

それは、次のような理由から、年配の開業社労士がわざわざ社労士法人を設立します。理由は、いつものように個人の独断と偏見に基づいています。

  • 「お客はオレのモノ」「私の努力の成果」間違っていませんが、その意識が強いのでしょう。
  • 公的年金にプラスして、生活の余裕資金に。
  • 万が一のことがあっても、社員になれなくても、家族の誰かを従業員として送り込めば良い。

きっと「もうすぐ70歳かあ」となってくると、リタイヤを考えます。他の社労士事務所へM&A、事業譲渡を考えるより、自分で法人設立した方が後々のことを考えると有利、そう思って当然です。

これが、「年配の社労士先生が、社労士法人を設立する理由」です。決して、ゴーイングコンサーンやスムーズな事業承継を考えてのことではありません。(と、思いっ切りひねくれて)

ここで、冒頭の社労士からひと言。
「何となく言われることは分かりますが、それなら個人事務所でもできません?」
できます。
ただ「上記の理由」をより確実にするためには、社労士法人の方が都合が良いのです。

「訊いたらエエんちゃいます、その先生方に。」と私。
「いや、そんなこと訊けるほど、親しくないですわ。」と冒頭社労士。
「次、F井さんが設立したら、間違いない(でも、別グループに?)」と私。
「分かります、そんな気がします。」と冒頭社労士。

と言うことで、お話しは終わりました。


合同事務所・共同事務所

令和6年に開業をお考えの方、合同事務所・共同事務所についてお気軽にご相談ください。テレワーク完全対応の格安プランも提供中。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。残席ですが、専用デスクはお早めのお申し込みが良い状況です。共用デスクは、まだまだ大丈夫です。
※各府県会の情報公開規則(規程)が気になるなら、ご相談ください。

社労士開業予備校講座

社労士資格活用講座(8月から)、ゼロゼロ開業術顧客開拓・運営実務コース(11月)を開催します。

SR-CLUB勉強会

社会保険労務士と、人事労務にご興味を持つ士業の勉強会です。遠隔地の方も、ZOOMでオンライン参加できます。令和5年試験合格者の方もどうぞ!
次回は、8月10日です。

a:58 t:3 y:3