お客様からの振込金額がおかしい

【社労士開業予備校では、開業後によくある出来事も真面目に対応します。】

最近開業された社会保険労務士さんからのご相談。社労士開業予備校エッセンスコースも、いつだったか受講されたはず。
「お客様から振り込みがあったのですが、請求書の金額と違ってるんです。」

ちなみに、クラウド型の請求書作成サイトを利用しているとか。顧問先の数が数件なので、無料の範囲でおさまってるらしい。もっとお客様を増やさないといけないのでは、とは余計なお節介。

お客様の側に、少しでも気の利く経理担当者がいれば間違いはなく、あるいは請求書にキッチリと「実振込額」などの表示があれば、大丈夫なところ。源泉所得税のことを分かっていないケースだと、無茶苦茶な請求書になります。
(昔、「所得税を納めない取引先の場合は、源泉所得税を引かずに請求する」という開業社会保険労務士さんがいたことを、またもや思い出す…。)

「そのまま、もろといたら~」とも、いかず。

社労士開業予備校・お客様からの振込金額がおかしい

顧問先の場合は

顧問料が3万円で、消費税を含めた33,000円を振り込んできた場合。源泉所得税は、3063円なので、この分がもらいすぎ。

一番楽なのは、顧問先様に連絡して翌月以降の顧問料で調整してもらう。実際の計算は、こちら社会保険労務士側ですることになりますが、請求入金をチェックしていれば、すぐに分かることですし。

先方の顧問先様から「すぐに返せ」と言われたなら、その3063円をすぐに振り込みすれば良いだけ。そういうときなら、振込手数料は先方負担と伝えておくことも必要かも。

ああ、3063円は仮受金でしょうか。

よく話し合って、口座引き落としにするのも良し。

スポットの場合は

スポットの場合は、次がないので(あるかどうか分からない)、返金するしかないでしょうね。

社会保険・労働保険の新規適用とか、就業規則の作成とかは、金額も大きいし、社会保険労務士を使ったことがない企業様の場合は、源泉所得税無視とかもあります。

えっ、消費税分なら、黙ってもらえ??
徴収義務者のことを考えたら、、、、、なので、都合よく考えるのはやめておいた方が良いと思いますが。
(雑収入にしたら、ダメです!)

今回は

顧問先の話しだったそうです。ただ、請求額と実支払額は正しい金額を記載していたにもかかわらず、顧問料の額面3万円を振り込んできたらしいのです。

その開業社会保険労務士曰く
「焦って、額面金額を振り込んでしまったのかも知れません」と(?!)。

源泉税との差額は63円、これを振り込みで処理しようとすると振込手数料だけで220円とかになります。だから翌月回しにするのが自然でしょうか。

その後の経過は聞いていません。どうしたんでしょ?


合同事務所・共同事務所

令和3年に開業をお考えの方、合同事務所・共同事務所についてお気軽にご相談ください。テレワーク完全対応の格安プランも提供中。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。残席ですが、専用デスクはお早めのお申し込みが良い状況です。共用デスクは、まだまだ大丈夫です。

社労士開業予備校

顧客開拓・運営実務コースは、6月に開講します。お申し込みください。

SR-CLUB勉強会

社会保険労務士と、人事労務にご興味を持つ士業の勉強会です。遠隔地の方も、ZOOMでオンライン参加できます。
次回は、6月19日です。

a:104 t:1 y:0