社会保険労務士の直営業は、法律違反?

【社労士開業予備校は、コンプライアンスを重視した事務所経営を推進します。】

今、お笑い芸人さんの直営業(最初のうちは闇営業と言われていました)が話題となっています。それで、ふと思い出しました。
「そう言えば、少し前に同じようなことを話しする社会保険労務士がいたよな。」

多少センシティブな内容ですので、ぼやかしてぼやかして、脚色しています。最初に断っておきますが、社会保険労務士法違反として扱われてしまう内容です。

その話しですが、某都道府県にある社会保険労務士事務所or社会保険労務士法人に勤務している(社労士法人の役員かどうかまでは承知していません)方から聞きました。数ヶ月前だったか、数年前だったか、それさえも忘れてしまっています…。←じゃあ、内容を覚えてるのはどういうことやという突っ込みは無しで。

タイトルで誤解を招くかも知れませんが、開業社会保険労務士なら直営業・直契約しかありません。社会保険労務士法23条の2違反になるような紹介会社経由の契約はアウトです。

社労士開業予備校・勤務している社会保険労務士の直営業は、法律違反?

冒頭の話に戻して、伺うと、こんな感じでした。

  • 自分で取ってきた仕事は、自分で対応して、自分の「売上げ」にしたい
  • 自分の売上げにするため、これから作る個人事務所なり株式会社で仕事を受託する
  • 考えているのは、主に就業規則の関係や人事制度の構築関係、セミナー講師
  • 勤務先(?!)のスケジュール管理は甘いので、まあ「時間は割ける」はず

私が訊かれたのは、「税務署で社会保険労務士の資格のチェックはあるのか」だけです。通常は、ないと思っています。実際に、そのヒトが勤務等登録しているのか、法人で社員として登録しているのか、全く確認のしようがありませんが。

ただ、このヒトの言う「就業規則の作成や変更」を開業社会保険労務士として登録していない状態、または在籍している勤務先(?)に関係なく受託するのは、社会保険労務士法違反ではないでしょうか。就業規則は、根拠が労働基準法ですから、当然のごとく社会保険労務士のお仕事です。

セミナー講師は、社会保険労務士的には3号業務、人によっては4号業務と言うくらいで独占業務ではないので、誰がやっても構わないのですが、2時間3時間も、勤務先から抜けれる??

気持ちは分からないでは無いですが、それなら「なぜ、勤務状態なの?」。そういう考えなら破綻するのでは、は余計なお節介でした。


もっと昔を思い出しました。弊所のスタッフ募集で来た方、顧問契約が取れると、逃げるように弊所との契約解除を申し出てきたんです。実態は逆?気持ちは同じ?分かりません。。。。。

登録うんぬんで思い出しました。ある異業種交流会で名刺交換したら、名刺に「社会保険労務士」と記載されている方、私に「実は登録していないんです」と、大阪に本社のある上場企業勤務。登録の有無くらいチェックできるシステムにして欲しいですわ、連合会さん。


合同事務所・共同事務所

令和 元年に開業をお考えの方、お気軽にご相談ください。
安全管理措置・マイナンバー(監督・立会)にも対応しています。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。残席ですが、専用デスクはお早めのお申し込みが良い状況です。共用デスクは、まだまだ大丈夫です。

社労士開業予備校

2日間の顧客開拓・運営実務コースは次回は11月に開講します。
エッセンスコースは、来年までお預けです。
エッセンスコースは、オンラインでのライブ講義も行います。(予定)

SR-CLUB勉強会

社会保険労務士と、人事労務にご興味を持つ士業の勉強会です。遠隔地の方も、オンライン会議システムで参加できます。
次回は、8月17日です。

a:159 t:1 y:0