ADRにも使える、労働事件の手引き書

ADR(個別労働紛争)が社会保険労務士の業務として、また特定社会保険労務士の業務として、広く世間に知られるようになりました。

ただ、勉強する素材(テキスト)は、
「社会保険労務士が書いたテキスト」
または
「ADR向けではない、労働事件のテキスト」
を、使っていました。別に悪いことではありませんが、私は、これ(↓)が良いと思います。

旧版の「労働事件マニュアル」を持っていて、新版は出るのかな、と思っていたら、この2月に出ていました。
(都合により、リンクは最新版に変更しました。)

東京弁護士会労働法制特別委員会

ADRや審査請求、労災関係のことも分かりやすく解説されています。

そう、弁護士の先生が、労働事件の手引き書となるべく、弁護士の先生向けに書かれた本ですが、社会保険労務士にも参考になります。

梅田の紀伊國屋書店、旭屋書店で探しましたが、在庫がなく、ネットには在庫があったので、すぐに届きました。お値段は多少張りますが、参考書のつもりで買えば、十分楽しめる内容です。

是非是非!