電子申請化が進まない、その理由の一つ

【社労士開業予備校では、飾らない、素朴な体験談をお話しています。】

最初にお断りしておきます、こういうの増えていますが。特定の団体を指しているのでなく、経験談として記録しておきますので、参考にしてください。

健康保険組合に加入している企業様から顧問契約(手続きメイン)をいただいています、だいぶん前から。健保組合に加入しているほどですから、全般的には「ええ会社」と言って良いと思います。 と書きながら、民事再生に掛かった別の会社もあるなあと…。

その健保組合ですが、電子申請の対応ができていません。
思い返せば、過去に見積もり依頼があった別の健保組合も、数年前は電子申請化の対応ができていませんでした。受託には至りませんでしたが。

社労士開業予備校・電子申請化ができない理由の一つ

「セルズの台帳とか、○○とかで書類作れるでしょ。」と思われたかも知れません。いくつかの健保組合では、政府の様式をほぼそのまま利用しているところもありますが、適用関係は独自書式のところが多い?少なくとも、2か所は全く別の様式。

一度、健保組合に問い合わせたら「別に国の様式でも良いですが、ウチ(健保組合)の様式でお願いします」と返ってきました。「国の様式で提出して良いってことですか?」と訊くと、「構いませんが、ウチの様式でお願いします。」。
度胸も勇気もないので、健保組合の様式で提出しています。
セルズの台帳では作成できません。あるソフトでは個別の設定ができるそうですが、台帳でもできるのかも。複写式です、得喪、算定、月変…。

めちゃくちゃ力(チカラ)が必要です。
厚生年金基金があるところなら、です。
でも、基金を廃止したところもあり、今度は提出先が健保組合と年金事務所の2か所に。事業所の関係は、まだ基金に出さないといけないのですが。
複写の枚数、何枚でしょうか。弱く書くと、一番下の用紙まで届きません。

健保組合に、またまた問い合わせてみました、つい先日。
私「電子申請対応のご予定は?」
健保担当「上司に代わります。」
私「そしたら、もう結構です。」

何が言いたい?
健保組合様にご加入なさっている企業様と顧問契約(手続き関係)を締結する時には、電子申請ができるかも情報として得ておきましょう。代表者印(丸印)の押印が必要になってきますので、それも結構面倒です。

≫≫こんな話も聞けます、エッセンスコース

合同事務所・共同事務所

年内or平成31年に開業をお考えの方、お気軽にご相談ください。
安全管理措置・マイナンバー(監督・立会)にも対応しています。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。

社労士開業予備校

社労士資格活用講座を、8月から開講しています。
参加費は無料ですが、事前のお申し込みをお願いします。個別相談使いもできます。

11月開講の2日間の顧客開拓・運営実務コースも、受講申込みできます。
エッセンスコースも、受講申込みを開始しています。

SR-CLUB勉強会

社会保険労務士と、人事労務にご興味を持つ士業の勉強会です。
次回は、10月20日です。

a:110 t:1 y:0