顧問料の上積みを、研修で成功させる

「私は、お客様になっていただいた顧問先様から、少しでも多く報酬をいただくために、社内研修の講師で、顧問料の上積みを考えています。」
そう、私に語ってくださったのは、40歳前後の、これから成功を目指して頑張る社労士開業予備校の修了生。

あらかじめ断っておきますが、私桑野は、社内講師で顧問料をアップしてもらっていません。手続き、相談のいわゆる普通の社会保険労務士ですので。ごくたまに、管理職研修(実際上は労務管理研修)・退職前の方向けの研修(リタイヤメント研修)などを行うくらい。

「成功を目指して頑張る修了生」は、顧問先の数は少なくて構わないが、その分…と言うことらしい。

お客様のニーズに、ピッタリ合致すれば、大きい金額になるのでしょう。上積みだけで、5、10とか。もちろん、100名程度までの企業規模ですので、この金額。

社労士開業予備校・社内講師でがっちり

なるほど!
働き方改革でも、非正規や有期雇用の社員・従業員の教育・人材育成がテーマとして上がっています。当然、正社員向けも必要です。景気が良くなると、研修・教育にお金は向かいますので正解かも。

今、ネタ集めに必死になっている状態だそうで、色々なセミナー、研修を受けまくっているとか。

私 「お金(受講料)、掛かるのでは?」
修了生「そうなんです、でも先行投資です。無料のも、多いですよ。」

なるほど! (2回目)
顧問先様の数を競うのではなく、お客様1社あたりの報酬アップを狙う作戦。刺激的です。1社アベレージ10万円として、15社16社あれば、年間売上げ2000万円/一人で。一人でこれだけあれば、ひとまず開業は成功でしょう。

私 「上手く行きそうですか?」
修了生「それが、感触として、手続きとか給与計算だけで十分という企業様が意外と多くて。今、一番の悩みは、ピッタリ来たお客様と出会えないことです。紹介してください!」

落とすなよ…。
頑張りましょう。
いえいえ、作戦だけでも頑張ってますよ、この修了生さん。
ネタの提供もありがとう!


合同事務所・共同事務所

平成30年に開業をお考えの方、お気軽にご相談ください。
安全管理措置・マイナンバー(監督・立会)にも対応しています。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。

社労士開業予備校

次回の顧客開拓・運営実務コースは、11月中旬の開講です。
すでに、受講申し込みできます。

平成30年開講エッセンスコースへの受講申込みも始まっています。
結構遠いところからも、何名か申込みをいただいています。

SR-CLUB勉強会

社会保険労務士と、人事労務にご興味を持つ士業の勉強会です。
次回は、10/21です。

a:55 t:1 y:1