「開業したら、時間が余ります」ある開業社会保険労務士

【社労士開業予備校では、「そんなアホな」という疑問にも真面目に対応しています。】

社労士資格活用講座へお気軽にご参加ください。
社会保険労務士として開業を考えている方、登録をしようかどうか悩んでいる方、遠慮無く参加してください。参加費は無料です。▶社労士資格活用講座に参加時であれば、無料で個別相談もご利用いただけます。社労士開業予備校▶エッセンスコース等に参加しようと思っている方も是非! オンラインでも対応します⇒▶ZOOMまで。

エッセンスコースの修了生さんから、素朴な疑問をいただきました。
「開業して1年ほどは、営業や挨拶回りでバタバタしていたのですが、今はウソみたいに時間に余裕が出来ています。皆さん、こんな感じなんですか?」

この修了生さん、ウワサでは月100を超えたとか超えていないとか。事実は確認できませんが、年換算(顧問料×12)では1千万円ほどは行っているみたい。

開業当初は、まず挨拶もしなければならない。ついでに、実務の知識も得なければならない。就業規則にしても、社会保険労働保険の手続きにしても実際に行うのは、初めて(事務指定講習で学習していたとしても)。おまけに、電子申請のシステムも知っておくことがあったり、給与計算ソフトの使い方も勉強しないと。ついでに、助成金は毎年変わるし、雇調金に至っては数ヶ月で条件が変わったり。

社労士開業予備校:「開業したら、時間が余ります」ある開業社会保険労務士

修了生さん続けて
「1年ほど経った頃から、逆に時間ができはじめたんです。経験したことのない業務は必死で書籍を読みますが、それは速読です! あとは、給与計算の締め日の数日はバタバタ忙しいですが、勤怠の集計は知り合いの社労士さんに手伝ってもらっています。」
「先日は、顧問契約の解除も経験しました。トラブルに巻き込まれたんですが、無事に終わりました…。」

今も顧問契約の月イチ獲得を目標に、まだまだ営業も頑張っているとか。でも、1年目よりも時間はずっと有る状態。
(事情は知っているけれど、書けない。)

想像するに、1)業務経験が増えて学習しなくてもできることが増えた、2)手探り状態から何をすれば良いのか分かるようになってきた(悩まずに真っ直ぐ課題対応できる状態)、修了生さんの現状はこんな感じでしょうか。

私 「だから、開業している先生方、時間が余りまくってるので、あるヒトはゴルフを毎週やったりとか、スケジュールを上手く組んで年に2回海外旅行に行くとか。お金がある先生は、遊んでるでしょ。」

エッセンスコースで、桑野さんの講義を受けたとき、『そんなに時間に余裕があるのかな』と思って聴いていましたけど、今だったら何となく共感できます。」と、修了生さん。

ってことは、エッセンスコースの受講時は共感できなかった??
うーん、悔しい!


合同事務所・共同事務所

令和4年5年に開業をお考えの方、合同事務所・共同事務所についてお気軽にご相談ください。テレワーク完全対応の格安プランも提供中。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。残席ですが、専用デスクはお早めのお申し込みが良い状況です。共用デスクは、まだまだ大丈夫です。

社労士開業予備校

社労士資格活用講座は、令和4年8月から開講しています。
9/4も開催しました。直前申し込みでも大丈夫です。

顧客開拓・運営実務コース」は、次回は11月の開講です。エッセンスコースは、2023年1月から開講します。どちらのコースもお申し込みできます。

SR-CLUB勉強会

社会保険労務士と、人事労務にご興味を持つ士業の勉強会です。遠隔地の方も、ZOOMでオンライン参加できます。
次回は、10月15日です。

a:134 t:1 y:0