「兼業社労士って、どうやって営業するのですか?」

【社労士開業予備校では、10年以上前から兼業・副業としての社会保険労務士を考えています。】

ここで、兼業社会保険労務士を簡単に定義しておきます。それは、現在フルタイムの正社員であって、その勤務時間外を使って、開業社会保険労務士として活動することとします。兼業・副業に関しては、意識の違いだけですので、あえて違いを考慮する必要まではないかと。

最初に結論を書いておきます。
それは、「顧客・業務依頼ゼロからスタートする兼業社会保険労務士は多くない」。全くいないとは言いませんが、私の知り限りでは、「お客様・業務の依頼があって、開業登録をしている」状況です。少なくとも、「お客様が獲得できる見込みが非常に高い」ので、開業登録を行う方がほとんどでしょうか。

ですので、社会保険労務士専業でスタートする方たちとは、少し状況が違います。営業・顧客開拓して、業務をご依頼いただくのではなく、何かをキッカケに「ああ、それなら業務やってくれる?」「社労士業務できるよ」のやり取りがあるのが、兼業社会保険労務士です。
(このキッカケを『営業』と言ってしまうと身も蓋もありませんが、平たく言うと雑談です。)

社労士開業予備校・「兼業社労士って、どうやって営業するのですか?」

最初の1件目なり2件目の業務依頼の後をどうするのか、それが兼業社会保険労務士にとってのハードルです。「獲得できそうであれば、会社を退職」ですが、在職中に如何に3社目4社目へのアプローチ、土台作りができるのかがポイントでしょうねえ。

自信が無ければ、兼業をずっと続けるという選択肢もあります。

●兼業・副業が認められていないが?
→取りあえず、開業登録はやめておいた方が良いのでは。ルール破りは、今後の社会保険労務士人生でプラスにならないかと。

●パートタイマーですが、副業できますか?
→パートタイムなら時間的に余裕があると思いますので、チャレンジする価値はあります。

●社会保険(健保、厚年)がなくなるのが不安です。
→それなら、ずっと兼業社会保険労務士で良いのでは。

いろいろ不安や悩みは出てきますが、自分で一つずつ解決するしか方法はありません。

ああ、最初の質問の答えは、ネクストステップをどうするのか、それで違ってきます。

6/11のSR-CLUB勉強会では、兼業社会保険労務士の経験者約2名の実体験を語っていただきます。告知は、5月の下旬かな。


合同事務所・共同事務所

令和4年に開業をお考えの方、合同事務所・共同事務所についてお気軽にご相談ください。テレワーク完全対応の格安プランも提供中。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。残席ですが、専用デスクはお早めのお申し込みが良い状況です。共用デスクは、まだまだ大丈夫です。

社労士開業予備校

社労士資格活用講座は、令和4年8月から開講予定。

顧客開拓・運営実務コース」は、6月の開講です。

SR-CLUB勉強会

社会保険労務士と、人事労務にご興味を持つ士業の勉強会です。遠隔地の方も、ZOOMでオンライン参加できます。
次回は、4月16日です。

a:101 t:1 y:0