「コロナ禍で開業しても大丈夫でしょうか?」

【社労士開業予備校では、できるだけ客観的な情報を提供します。】

社労士資格活用講座に、ご参加ください。
社会保険労務士として開業を考えている方、登録をしようかどうか悩んでいる方、遠慮無く参加申込みをお願いします。無料です。▶社労士資格活用講座のタイミングであれば、実質的に個別相談になったとしても、費用のお支払い等はありません。社労士開業予備校▶エッセンスコース等に参加しようと思っている方も是非!オンラインでも対応します⇒▶ZOOMまで。8/8からスタート~受講できます。

「新型コロナウイルスの関係で、こんな世の中になってしまったんですが、来年(令和3年)開業しても稼げるでしょうか?」
真面目に答えてしまうと、つまらないものになってしまいます。

答え「それは、分かりません。貴方次第です。」
ほら、やっぱりつまらないじゃないですか。

そもそも、質問される方の背景も全く分からない、知らない状態であれば、こう答えるしかありません。

ちなみに、今回コロナ禍に遭遇してしまった開業社会保険労務士は、皆さん雇用調整助成金やテレワーク助成金(働き方改革推進助成金)で儲けています。
(私を除きます。私は、従来からのお客様の分も、新規のお問い合せの分も、助成金については合同事務所・共同事務所のメンバーに振りました。私が対応したのは、相談顧問のお客様の相談だけです。)

社労士開業予備校・「コロナ禍で開業しても大丈夫でしょうか?」

前回リーマンショックの時もそうだったんですが、雇用調整助成金の特例を使えるタイミングなんて分かりません。リーマンショックの時は8千数百円でしたので、今回と大違い。今回は、上限1万5千円ですから。

それだけ代行した社会保険労務士への報酬が膨らむわけです。逆に言えば、去年開業したヒトやこの1月に開業した方には、まさにラッキーチャンス。名刺を配り歩けば、必ず反応がありますし。

  • 雇調金を申請代行しての報酬って、いくらぐらいか?
    • 従業員数20名の飲食店が、2か月完全休業した場合、20名×44日×12000円=1056万円。控えめに1万2千円にしました。顧問先ではなければ、スポット対応の10%として、、、、、計算してください。
    • 同じ飲食店で、輪番で半数お休みしたら、その半分。500万円ほどが雇調金で受給できます。
    • 顧問先で、手数料5%としても、結構な額です。
    • 逆に、顧問を提案するチャンスだったかと。

だから、来年の令和3年に開業した場合ですよね??
同一労働同一賃金もある、70歳までの就業機会確保もありーの、育児介護休業法の時間単位取得の改正ありーの、テレワークのご相談自体は来年もあるでしょうし。その後にも、厚生年金保険の適用拡大やら、パワハラの中小企業への義務化やら、いっぱいあります。

それをどうしたら顧客獲得につなげられるのか?
エッセンスコースに申し込むのが一番早いと思います。6日間+アウトプット1日の講義だと感じたかも知れませんが、その6日間全てが「営業、顧客獲得のヒント」が詰め込まれた講義です。

いくらでもヒントを公開しても良いんですが、感謝されないので。感謝してくれるのであれば、ねえ。

▶実務と営業のベストバランス、エッセンスコース


合同事務所・共同事務所

令和2年3年に開業をお考えの方、合同事務所・共同事務所についてお気軽にご相談ください。テレワーク完全対応の格安プランも提供中。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。残席ですが、専用デスクはお早めのお申し込みが良い状況です。共用デスクは、まだまだ大丈夫です。

社労士開業予備校

社労士資格活用講座」は、8月から開講しています。受講料は無料ですが、事前申込みをお願いします。

顧客開拓・運営実務コースは、次回11月開講です。
エッセンスコースは、2021年・令和3年1月開講です。

SR-CLUB勉強会

社会保険労務士と、人事労務にご興味を持つ士業の勉強会です。遠隔地の方も、ZOOMでオンライン参加できます。
次回は、12月12日です。

a:90 t:1 y:1