契約は、口頭で成立する。がああ

【社労士開業予備校は、開業して役に立つ講座を開講しています。】

「契約は、口頭で成立する。」
行政書士や宅建の受験勉強をした方なら、必ずこの言葉は頭の中に入っていると思います。大学の法学部を出た方も同じでしょうか。

もちろん、金銭消費貸借契約や保証契約などの一部の契約は、書面が必要です。

今回、2つほど面白い経験をしたので、記録しておきます。
顧問先・関与先で発生したことではなく、自分自身に起こったことですので、守秘義務など存在していません。

1つ目は、「さっき、ハイと言いましたよね」を連発するヤツ。
まさに「契約は口頭で成立する」で、言質を取ったかのように、何度も言ってきました。

思わず、「脅迫、詐欺、錯誤…」と言ってやろうかと思いましたが、面倒。

その割には、無権代理を思わせるような「私は代表者じゃ無い」をこれまた連発。ただの使者か。電話か、メールで十分じゃあーりませんか。

誰と契約するんでしょうね。。。

社労士開業予備校・契約は口頭で成立する

そして、2つ目。
ある契約の契約条件を勝手に変更後、解約通知してきたケース。

アスクルとか、カウネットなら、「規約に同意できないなら、うちとは取り引きしないでね」というのが、最初の契約時にありますが、多数との契約では無いのなら、契約条件自体は協議して決めるのでは?

そのような「規約に同意できないなら」もなく、勝手に条件自体を変更してきたので、ビックリ。

労働契約も、このあたりは基本的に同じです。
採用は、両者が合意。契約条件は、弱者とされる労働者にとってエエようにするのであれば、とくに問題とならず、悪いように変更するなら(不利益変更)、協議・話し合いをして同意が必要。解約時、つまり退職・解雇時は、一方的に解約通知ができる。

「結構です。」
問題を指摘すると、この言葉が出て来ました。結構ですって、どういう意味なんでしょうか。まあ、数か月のガマンです。あっ、こっちからの解約通知をすれば良いだけかも。


この1カ月ほどで、変わった方にお会いすることができました。
どちらの方とも、もう一生会うことはないように!

あ~、疲れました。

合同事務所・共同事務所

年内or平成31年に開業をお考えの方、お気軽にご相談ください。
安全管理措置・マイナンバー(監督・立会)にも対応しています。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。

社労士開業予備校

社労士資格活用講座を、8月から開講しています。
参加費は無料ですが、事前のお申し込みをお願いします。個別相談使いもできます。

11月開講の2日間の顧客開拓・運営実務コースも、受講申込みできます。

SR-CLUB勉強会

社会保険労務士と、人事労務にご興味を持つ士業の勉強会です。
次回は、8月18日「個別労働紛争に強い就業規則の作り方」です。

a:81 t:1 y:0