6月度SR-CLUB勉強会のご報告

【SR-CLUB勉強会は、社会保険労務士の資格をお持ちなら、だれでも参加可能なオープンな勉強会です。】

社労士開業予備校の修了生を中心とした勉強会「SR-CLUB勉強会」を、先週の土曜日16日に開催しました。

今回は、6月1日に最高裁で出された労働契約法第20条についての判決、そして働き方改革で使える今年度の助成金を取り上げました。

まずは、勉強会開始直後の参加者の皆さん!
(あっ、もしかしたら、アレを忘れていたかも。)
社労士開業予備校・SR-CLUB勉強会2018-06-16 15

ご覧のように参加人数が多かったので、ロノ字型からはみ出ている方が約3名。ちゃんとデスクは割り当てられましたので、メモ等筆記に問題は無かったはずです。

事前に資料等は各自でチェックしておくようお願いしましたので、皆さん、資料をお持ちです。

「最高裁は、労働条件を決められないからね」
「差し戻しになって高裁がどんな判断を下すのか、楽しみ」
「諸手当なんて、全部やめて、基本給一本で十分ちゃうか」
「運送業の特殊性が大きく絡んでるのが、今回の判決の問題」
「マスメディアが最高裁判決の前に盛り上げただけの、空振りや」
「今回の判決では動けません」(某企業に勤務の方)
例によって意見が噴出しました。結論は、出ず。

取りあえず、桑野個人の考えでは「諸手当は、説明できるような支給条件にする」「定年後再雇用の嘱託社員の基本給に関しては、継続給付の下限61%を大幅に下回らなければ、まあ今までと同様に」です。いわゆる有期雇用の契約社員の基本給については、コメントできる内容はありません。同一労働同一賃金の踏み込んだ判決は、丸子警報器事件の2割まで許容するというあの判決以外はないんでしょうかねえ。

「先送りやね」「正味よう分からんわ」が、皆の多くのカゲの声だったのではないでしょうか。
(同一労働同一賃金ガイドライン案から大きく外れていない、そのまんまという声も出てました。)

助成金については、時間外労働等改善助成金、業務改善助成金あたりは、内容とタイミングを上手く利用することで、企業様のご負担も減るのでは、と言うところでお終い。

さて、午後5時10分からの懇親会。
社労士開業予備校・SR-CLUB勉強会2018-06-16 17
人数が多かったので、懇親会は大盛り上がり。
毎度のことですが、最終組は、午後10時くらいまでいたような気がしていますが、よく覚えていません。

次回は、8月18日です。
スピーカは社会保険労務士登録もしている井上正人弁護士にお願いしています。テーマは「個別紛争に強い就業規則の作り方」。ゲスト参加も歓迎します。SR-CLUB勉強会のメンバー以外は、参加費1万円です。

●8月以降のSR-CLUB勉強会
8月:18日、井上さん「個別紛争に強い就業規則の作り方」
10月:調整中
12月:調整中
望年会:12月29日(例年通りの開催予定)


合同事務所・共同事務所

平成30年に開業をお考えの方、お気軽にご相談ください。
安全管理措置・マイナンバー(監督・立会)にも対応しています。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。

社労士開業予備校

社労士資格活用講座を、8月から開講予定です。
まだ、日程等整理できていませんが、でき次第アップします。

SR-CLUB勉強会

社会保険労務士と、人事労務にご興味を持つ士業の勉強会です。
次回は、8月18日です。

社労士開業予備校講座の修了生の方は、SR-CLUBにご登録いただくことがアフターサービスの要件にもなっています。小冊子の「基礎からわかる36協定」「助成金活用のポイント」の割引販売も、SR-CLUBメンバーの方が対象です。

a:95 t:1 y:0