インターンシップ

社会保険労務士のインターンシップ

3ヶ月間、大阪社労士事務所でインターンシップ生として頑張ってみませんか?

「大学コンソーシアム京都」から大学生をインターシップ実習生として受け入れている経験を活かし、社会保険労務士として開業したい方、適性を見極めたい方を対象にインターンシップ生を受け入れます。
受け入れ先は、大阪社労士事務所です。

何をしていただくことができるのか。
「それは、ご自身で見つけてください」

もちろん、アドバイスはいたします。ただし、そこまでです。
自分自身で考え、自分自身で動いてください。

それが、大阪社労士事務所が受け入れるインターンシップです。

インターンシップの内容

  • 費用:
    無料、ただし傷害保険の保険料、飲食費実費、自宅事務所間の交通費などは、自己負担でお願いします。
    労働・就労ではありませんので、賃金のお支払はありません。
  • 期間:
    任意の3ヶ月間。
    短縮はできません。延長は3カ月1回限り可能です。
  • 内容:
    • 営業・顧客開拓同行
    • 顧客打ち合わせ同行
    • 書類作成・給与計算の補助業務
      営業・顧客開拓を中心に、行動していただき、実際に顧客獲得、手続き代行・書類作成までをしていただきます。
      最低でも、週に1日(全日)は大阪社労士事務所内で、内勤の作業(ツール作成、リスト作成など)をしてください。
      名刺は、作成方法を指導しますので、各自で作成します。
  • お申込みいただけない方
    • 勤労経験が3年未満、または20年以上の方
    • ビジネスマナーをお持ちでない方

インターンシップの申込み

お申込みは、お問い合せからお願いします。

  • 必要記入事項
    • お名前:
    • ご住所等連絡先:
    • 希望期間:
    • その他連絡事項:

お申込みのメール到着後1週間以内に「受け入れについての連絡」をお知らせします。
受け入れができない場合については、連絡はしませんので予めご了承願います。

なお、インターンシップについては電話を頂きましても、折返しの電話はしておりませんので、内容についてのご質問・問い合わせは、必ず「お問い合せ」フォームからお送りください。

お願い

  • インターンシップは、「労働」「就労」ではありません。
    そのため、指揮命令ができず、労災適用がありません。
    自発的に動いていただきますようお願いします。
    傷害保険は自費でご加入をお願いします。
  • インターンシップにおいては、社会保険労務士登録に必要な実務経験の証明をすることができません。
    実務経験の証明を希望される場合は、スタッフへのご応募をお願いします。
  • 大学生・短大生の学生さんがインターンシップ実習を希望されましても、事前学習の余裕がないため、受け入れることができません。
    財団法人大学コンソーシアム京都などが主催するインターンシップ実習生として学ばれることをおすすめしています。コンソーシアム京都以外でも、強い希望があれば対応します。
  • 開業登録をすることができ、何らかの事情で開業自体を躊躇されている場合は、社労士開業予備校講座の受講をおすすめします。
    そこで、ご自身の考えをまとめていただくことで、開業の可否を判断する材料になるものと信じています。



2013-03-18 (月) 10:32:03更新
a:5939 t:1 y:6