年賀状は、今年から出すのを止めました

【社労士開業予備校は、リアルな社会保険労務士の実態をお伝えします。】

社労士開業予備校の修了生さんから、一通のメールが届きました。
「次のお正月から、年賀状をお送りするのは止めます。その代わり、LINEとEメールで年始の挨拶をお送りします。」

この修了生さん、開業して既に10年近くになるでしょうか、記憶が不確かですが。事務所も立派に構え、従業員さんも数名いるとか。いわゆる、やり手さん?

別件での連絡とを併せての、「年賀状廃止メール」の連絡でした。
(そう書いている私は、既に5、6年以上前に年賀状自体を廃止していますが。そうそう、私はLINEやっておりません。)

だいたい、想像は付きます。お客様自体には年末年始のご挨拶や定期訪問で、コンタクトは取れます。見込みのお客様にも、何らかの手段で連絡を取ると思います。

あとは、同業者や他の士業者。同業者には、年賀状を送っても…。他の士業者、税理士さんや弁護士さんなどであれば、電子メールでも、普段つながっている方なら問題ないでしょうね。

そう考えると、年賀状を送ることの位置付けが低くなってきます。確かに、修了生さんが書いたように「LINE」であれば、普段から連絡を取り合っている方々。電子メールであれば、前提としてそれを知っている方。年賀状の重要度は確かに低いですね。

周りでも、年賀状廃止の士業者さん、増えてきています。

ただ、開業の際の挨拶状、開業して数年までの年賀状は、やはり必要だと感じます。お年玉と送付者のチェックが入りますから。

まあ、年賀状の写真撮影に、時間とお金を使い、構図に頭を使う、天満橋に事務所を構える某H西さんもいらっしゃるので…。←年賀状を手にとって笑わないと、怒られますから、たぶん。

日本郵便の年賀ハガキ、売上げ減るはずです。
皆さん、どうしましょ?


合同事務所・共同事務所

平成29年に開業をお考えの方、お早めにご相談ください。
安全管理措置・マイナンバー(監督・立会)にも対応しています。

社会保険労務士・行政書士とも、開業等を予定している2か月ほど前にはご相談いただく方がバタバタせずに良いと思います。

社労士開業予備校講座

営業・顧客開拓から就業規則・助成金を含む実務の8日間コース「エッセンスコース」も、平成29年1月開講します。

カリキュラムも発表しましたので、お申し込みいただけます。

★各種割引制度が適用できます。

社労士資格活用講座

平成28年の開催、次回は12月29日・10:30~です。
ラストは、年が明けて、1月7日・同じく10:30~。

無料ですが、要お申し込みです。